飲食店で揃えておきたい厨房機器とは?
飲食店の厨房機器の種類についての基礎知識!

飲食店をこれから開く方にとって、厨房機器を揃えることはとても大事なことです。用意不足になってしまっては、円滑に営業していくことが出来ないので、しっかり準備していきましょう。ここでは、飲食店の厨房機器の種類についての基礎知識をお伝えします。是非、厨房機器を揃える際の参考にして下さいね。

飲食店で使用する代表的な厨房機器とは?

シンク

一般的に、業務用販売されているシンクは、1~3槽タイプが多いです。しかし、舟形シンクタイプもあり、魚をさばく際に向いたシンクで、シンク中央にまな板を配置して調理することが出来ます。また、飲食店のシンク選びでは、食品関係営業許可基準を満たしているかもしっかり確認して下さい。具体的な条件には、シン2槽以上、且つ、シンクサイズで奥行き36㎝×幅45㎝×深さ18㎝以上と規定があります。

コールドテーブル

コールドテーブルと言うのは、調理を行ったり、盛付けを行ったりする際の作業台で、下部が冷蔵庫になっている厨房機器になります。作業場と一体化したテーブルなので、省スペース化出来、スペースが狭い厨房でも使用することが出来ます。コールドテーブルは、高さ80㎝が一般的ですが、高さ調節可能なタイプも販売されており、用途に応じて選ぶことが出来ます。

冷凍・冷蔵庫

冷凍・冷蔵庫と言うのは、冷凍庫と冷蔵庫が一つになった厨房機器です。なので、どのような食材を保管するかで必要スペースは異なる為、食材運用方法を考慮した上で購入するのがお勧めです。また、扉の大きさや数も確認し、厨房の動線を意識して冷凍・冷蔵庫の検討を行いましょう。

食器棚

食器棚と言うのは、食器を収納する為に必要ですが、飲食店では1台以上の扉付き食器棚の設置が必要です。これは、食品衛生法施設基準で規定された義務になります。食器棚でも、樹脂製やステンレス素材の物は、掃除もしやすいのでお勧めです。

ガステーブル

ガステーブルと言うのは、テーブルにガスコンロがセットしてある厨房機器です。また、ガステーブルには、コンベクとセットになったガスレンジもあります。使用可能なガスの種類を確認すること、安全装置付きの物を選びましょう。

製氷機

製氷機と言うのは、アンダーカウンター、卓上、パーチカルなど、色々なタイプがあります。基本的に、座席数に約1.9kgをかけた数字が、必要製氷能力の目安と言われています。なので、座席数が10席の場合であれば20kg以上の製氷能力が必要になります。また、扉のタイプにも観音開きやスライド式などがある為、厨房面積を考慮した上で選ぶようにしましょう。狭い厨房の場合でれば、観音開きタイプでは無くよりもスライ式の方が場所をとらずお勧めです。

調理台・作業台

調理台・作業台と言うのは、厨房において使い勝手の良さがポイントになります。サイズも色々あるので、厨房内での動線やレイアウトなどを考慮して、選んでいくのが良いです。素材は、ステンレス製だと錆にくいので、日々のお手入れもしやすくお勧めのです。

厨房機器の選び方のポイントとは?

厨房スペースに適したサイズ

厨房機器の選び方で先ず大事なのは、厨房スペースに適したサイズの厨房機器であることです。大きな厨房機器を設置すれば、厨房のスペースと言うのはどうしても狭くなりますよね。なので、事前に厨房で動きやすいスペースが確保出来る大きさか、しっかり予想して確認しておくことは大切です。
また、飲食店の営業許可取得では、シンクの大きさにも規定があるので、規定条件をクリアしている厨房機器の入手が重要です。厨房機器と一言で言っても、シンク、冷蔵庫、ガスレンジなど、色々な種類の厨房機器があるので、機器の奥行を考慮しながら、作業に支障をきたさないサイズ、使い勝手、用途を踏まえて選びましょう。

作業効率の良い機能性

厨房機器は、作業効率の良い機能性は大事なポイントです。例えば、冷蔵庫であれば開閉しやすい、冷凍・冷蔵のバランスの良いサイズ感など、それぞれの厨房機器の機能性を見ましょう。ガスレンジであれば、火力の強さや口数などがポイントです。なので、厨房機器にどのような機能性を求めているかを考慮し、その条件を満たした厨房機器を選びましょう。また、ランニングコスト削減で、消費電力が少ないタイプを選ぶのも一つです。

お手入れしやく長期使用可能

厨房機器では、日々のお手入れのしやすさもチェックポイントの一つです。飲食店なので、日々のお手入れのしやすさや、衛生的に長期使用出来る点は、営業していく上で大切です。また、部品分解して掃除が出来る点などにも注目しましょう。古い厨房機器の場合は、部品製造していないこともあるので、修理出来ない可能性もあります。なので、購入する前に部品入手出来きる厨房機器か否かも確認しておくようにして下さい。

中古購入して良い・購入してはいけない厨房機器がある

厨房機器と一言で言っても、実は、厨房機器の中で中古品購入にお勧め出来ない物があるので覚えておきましょう。それは、冷蔵庫、冷凍庫、コールドテーブル、製氷機など、厨房機器にモーター使用している物です。冷凍庫、冷蔵庫は、厨房機器の中で比較的壊れやすく、モーター寿命、埃、油などの汚れが要因で故障を起こします。
こうしたモーター使用の電気製品と言うのは、年数が経つ程に修理を要する消耗品です。中古厨房機器を取り扱っているお店では、保証期間が無かったり、或いは、保証があっても凄く短かったり、保証もあまり期待出来ない点が挙げられるからです。なので、なるべく今挙げた厨房機器に関しては、新しい物で用意するのがお勧めです。

厨房機器の価格相場とは?

厨房機器の販売会社で作られた厨房機器には、業務用厨房設備、厨房機器、調理道具など、飲食店の営業で必要なアイテムが色々と販売されています。冷蔵庫、シンク、ガス台などにはそれぞれ定価がありますが、実はこの定価はあまり参考になりません。例えば、厨房機器店で見積もりを取った際、定価50万円の冷蔵庫であっても、実際は15万円程度で購入することが出来たり、定価40万円のガス台も20万円程度で購入出来たり、割引率がメーカーや商品で異なるからです。
また、同じお店で厨房機器をまとめて購入すると、全体の金額から更に値引きしてくれることもあります。他にも、厨房機器の割引や値引きとは別で、厨房機器の購入時には配送費や設置費も発生します。業務用の冷蔵庫、ガス台、シンクなどはサイズや重量もありますし、運搬、搬入、設置をする際に人出も要します。なので、その分費用もかかってくるので、それも含めて見積もりを出してもらいましょう。

まとめ

ここでは、飲食店の厨房機器の種類についての基礎知識をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?厨房機器には様々な種類があり、厨房に設置する際には色々と条件や使い勝手などをクリアしていなければなりません。また、お店の規模であったり、コンセプトであったり、それぞれのお店に合わせて選定することも大事です。他にも、複数業者で相見積を取ったり、リース利用したり、居抜き物件にしたり、導入コストを色々考えることが出来ます。